kiyosu-1

 写真は、織田信長の初期の居城として知られる清洲城で愛知県の清須市にあります。
 清洲城といえば、本能寺の変により織田信長が天下統一を成し遂げる前に明智光秀に討たれた、
その直後に清洲城で織田信長の仇を討った羽柴秀吉の大頭を抑えようとする柴田勝家が織田家の重臣を集めて清須会議を開いたというのがよく知られています。そこで織田信長の正当な後継者を決めたようですが、結局、秀吉の親しかった織田信忠の幼少の嫡子・三法師(さんぽうし)が継ぐことになり、信長死後の領地の再配分(新知行)も行われたようですね。
 この清須会議で織田家筆頭の柴田勝家の意見より羽柴秀吉側の意見を通すことに成功し、これを契機に柴田勝家、織田信孝を追い込んでいき羽柴秀吉は織田家家中での実権を付けていったと言われている。その後、江戸時代に清洲城は清洲藩の本拠となりましたが、徳川家康が清洲の廃都と名古屋遷都を命じ、清洲城の部材が名古屋城築城のための資材として利用され3年後には、よく言われる「清須越し」で様々な機能をすべて名古屋に移転する事業が完了したようです。
 現在では、清洲町がふれあい郷土館として清洲城天守閣を再建しましたが、その後に西枇杷島町、清洲町、新川町が合併し清須市となっても市のシンボルとして市民に親しまれているようですね。
 このように愛知県は、英雄の生まれた場所で戦国時代にもっとも影響を及ぼした三人の武将(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)、三英傑の生誕の地として有名ですよね。