ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

タグ:ラブライブ

manhole1manhole2
manhole3manhole4
manhole5

久々にラブライブ!サンシャイン!! 推し事です。
沼津の仲見世には、まだまだ他にもラブライブのマンホールがありました。
その一部を掲載しました。
今は、コロナで何かと自粛というか、感染予防が必要です。

以前に掲載した厚労省とラブライブ!サンシャイン!!のコラボを再掲載します。

LLS_tearai
©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

Aquorsの高海千歌、桜内梨子、渡辺曜がポスターに登場していますね。

経済活動や学校、塾など完全に自粛という状況ではなくなりました。
ただ、感染予防(感染しない、させない)が大切です。
自分が感染してるかも知れないと考えて感染させないよう気を付ける。
また、自分が感染しないようアルコール消毒や手洗いに気を付ける。
今は、ドラッグストアでマスクやアルコール消毒が普通に購入できます。

一部に飲酒も含む誕生パーティーなどで複数の感染者が発生しクラスターになっているとも言われてます。
せっかく厳しい自粛期間を過ごし感染爆発を抑えたのに結局、同じだったと第2波で感染爆発したら意味がありません。
何とかドラッグストアの品薄状態は解消されてきました。
医療従事者、保健所の職員も余裕はないものの医療崩壊の危機からは脱したと思います。
医療従事者にコロナ感染が多いからと心ない差別もあるようですがコロナとの戦争とも表現されています。
戦場で戦っている医療従事者を差別するなんてあり得ないと思います。最前線でリスク覚悟で戦っているのです。

逆にリスク覚悟は同じでもお構いなしに感染爆発を招きかねない行動をとっている人は、よく考えてほしいです。
そんなにハッチャけないと気が済まないのでしょうか?
費用VS効果 とか コストパフォーマンス といった言葉を若者でも聞いた事があると思います。
コロナそのもののリスク、誹謗中傷のリスク、色々あると思います。
まだ、今は、全く元の状態と同じ行動になるのは早いのではないでしょうか?
飲酒を楽しむにしても感染予防して楽しむだけで随分と未来が明るくなるはずです。
感染症の怖さは、ヴィールスだけでなく人からの誹謗中傷も大きなリスクです。
医療従事者の感染なら仕方ないし尊敬も出来ますが、お遊びでハッチャけての感染は恥ずかしいですよね?
多くの人にストレスが溜まってるのは事実ですが、あと少し(多分)は感染予防が大切です。

日本全体が思いやりを持って行動できるよう皆で頑張りましょう。よろしくお願いします。

もし、閲覧が伸びたら、まだまだネタ写真もありますが、
まずは、これが最終話で安田屋旅館です。
日帰り入浴が可能なので中に入る事もできました。
(宿泊料金は高めなので残念ながら断念)
08-yasudaya1

08-yasudaya2


まさにコラボレーションって感じでWinWinの関係と分かります。
旅館(温泉も良い湯でした)がすばらしいというのが基本にあるって事ですね。
08-yasudaya3

海(砂浜)から安田屋旅館を撮影すると
LOVELIVE!SUNSHINE!!
08-yasudaya4
LOVELIVE!SUNSHINE!!の写真で締めますので、次作はしばらくお待ち下さい。

とても楽しい3日間でした。

次は沼津漁港です。相変わらず富士山がきれいですね。
07-byuo1

びゅうおから撮影した漁港です。
07-byuo5

こちらは、びゅうおから撮影した富士山です。
07-byuo2

次は沼津漁港の近くにある水門でびゅうお。
中で向こう側に渡るところには、椅子もありました。
07-byuo6

07-byuo7

ここでは、夕方になると閉まるお店があるので
食欲に負けて、びゅうおに到達した頃には暗くなってきた。
それが逆に良い感じかも。
07-byuo3

青く光ってる感じも良いですね。
07-byuo4

実は食べる事も大好きなので次回は、まず漁港からスタートするかも知れません。
人間、食欲に弱いですね。

淡島は、本当に聖地ですね。とにかく色々ありありです。

淡島遊歩トンネルです。

06-awashima1

次は、淡島水族館
中に入ってもラブライブ!サンシャイン!!満載ですよ。

06-awashima2

僕らの走ってきた道は、、、、、写真の解像度が低くて申し訳ありません。

06-awashima3

続いて、カエル館。何度も登場しますよね。

06-awashima4

そして淡島神社。実は、身体が丈夫じゃないので上まで行けませんでした。
いつか行けたらと思ってますが、、、、、。

06-awashima5

これぞ聖地という淡島マリンパーク。楽しい限りですよ。
お金に余裕があれば、淡島ホテルに宿泊出来たら、もっと最高と思います。

淡島ホテルに入っていきます。
まずは、ホテルの外観からスタート。
少々、経営的には苦しいようなので皆で応援できたら嬉しいですね。

05-hotel01

05-hotel02

05-hotel03

05-hotel04

05-hotel05

05-hotel06

05-hotel07

ここから、ホテル内に入っていきます。
高級ホテルなのでランチを予約して楽しませて頂きました。
05-hotel08

05-hotel09

そして、これぞ聖地というべき、オデッセイ(音楽ホール)。
ランチツアーで見学付きのおかげで楽しめました。
05-hotel10


05-hotel11

文才がなくて写真だらけになってしまいましたが、
ランチだけでも楽しめる素敵なホテルです。

聖地巡礼の楽しさを上手に伝える事が出来てるか心配ですが、
今回は、淡島に向かってます。
04-ship1
04-ship2
04-ship3

淡島に到着。淡島では更に超エンジョイできますよ。


03-ラクーン01

ラクーンの屋上です。富士山もきれいに見えました。
ラブライブ!サンシャイン!!に登場する聖地。
まさに聖地巡礼にふさわしい場所です。

04-riko-

リコー通り。写真の左下のタイヤ跡が気になりますが、
ラブライブ!サンシャイン!!で見たリコー通り。
良い町ですね。

作品の舞台にもなったモスバーガー富士急沼津店。
残念ながら2019年11月に閉店してしまいました・・・・・。
03-nakamise4

駅でも周辺でも何かとラブライブ!サンシャイン!!のバス。
嬉しい限りですね。
03-nakamise1
03-nakamise2

とても楽しい町・・・さすが沼津です。

沼津駅のすぐ目の前にサンシャインカフェがあります。
ラブライブ!サンシャイン!!×雄大 SUN!SUN!サンシャインCafe(カフェ)
まずは入口のバス停。素敵ですね。
02-cafe-1

続いてテーブルの雰囲気。これも素敵。
02-cafe-4

食品サンプルのメニュー。
02-cafe-5

実に楽しいですね。
ひたすらラブライブ!サンシャイン!!空間です。
行った事がない方は、是非、行ってみて下さい。

LLS_tearai
©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

Aquorsの高海千歌、桜内梨子、渡辺曜がポスターに登場し
手洗い、マスク、咳エチケットなど感染症対策の基本を伝える内容です。
特に正しい手の洗い方について詳しく説明されてます。
国会ではコロナ対策について議論が白熱してますが、
ラブライブとのコラボは、厚生労働省の超ファインプレーですね。
手も気持ちもぴっかぴか!!

推し事で沼津へ行ってきました。
まずは最初にイシバシプラザ。
沼津まちあるきスタンプの台紙が欲しかったけど売切れでした。
イシバシプラザは、色々な出入口や柱など何かとラブライブサンシャインで
楽しいお店が目白押しでした。
01-ISHIBASHI-1

聖地巡礼の第1話は、内容が少ないですが、
厚生労働省と「ラブライブ!サンシャイン!!」のコラボ記念に
聖地巡礼シリーズ行ってみます。

↑このページのトップヘ