ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

タグ:ベネッセ

 高校に進学後、早い時期に受ける模試ほど、進研模試を採用している高校が多いかと思います。通常、他の学習塾(河合塾、駿台、東進など)だと、学習到達ゾーンで現在の実力を示すのではなく志望校に対して合格の可能性で示す場合が多いかと思います。どちらが分かり易いか微妙ですが、進研模試は、基礎的な問題が多く難関大学よりは、中堅以下の大学向けに問題が作成されており、大学に進学しない方も多数が受けます。難関大を受験される方は、他の模試も含めて目標とする大学に合格できるよう学習への取り組みを考える必要があります。
 進研模試では、結果が返却されると「GTZ」の記載があり、学習到達ゾーンといえば聞こえは良いですが、今の時期、今の学力で想定される進学先は、この偏差値レベルの大学あたりという事です。あくまで模試を受けた時期から、大学受験までに平均的に学力が向上した場合を想定しての学習到達ゾーンとなるので学力の向上が平均以下であれば、進学先の想定がレベルダウンという事になります。

評価の位置付け

 我が子の場合、表の通りですが結果的には、高校入学時よりは難易度の高い大学に進学する事ができました。共通テスト入試の自己採点では、S2ランクの国立大学に合格できるかも知れないと想像してしまいましたが冷静に考えれば、過去の模試(筆記)での結果を考慮すれば、不合格になるのも必然でした。それでも第3志望には合格できたので救いですね。ちなみに第4志望、第5志望は、GTZと志望順に変に思うかも知れませんが、GTZは進研ゼミ/ベネッセの判定からの難易度(偏差値)なので塾によって偏差値も異なります。また、実際の難易度や大学の評価を考慮して志望順を決めています。特に第5志望は、GTZがS3ですが、結果的に共通テスト入試で出願した結果は、奨学生としての合格でした。あと第4志望は、共通テスト入試の配点から不合格でしたが、元々、推薦入試での入学割合が多過ぎる事が分かっていたので一般入試では出願しませんでした。結果的に第3志望の大学には共通テスト入試で合格だったので一般入試は、第2志望の大学に注力すれば良かったのですが、塾各社の判定が微妙だったこともあり、第2志望の一般入試や第1志望の国立大学に注力できなかった部分では、もっと上手に共通テスト入試の自己採点から合否の結果を予測できれば、結果が違ったかも知れないと思う部分もあります。

進研模試の結果と実績

判定基準

 高校入学時のレベルよりも進学する大学のレベルを上げるには、塾に通うのも有効です。実際、我が子は塾に通いレベルを上げました。進研模試の結果が、入学後3か月の7月には驚くほど悪くなり、指定校推薦でも貰わないとヤバイ状況だと察しました。その後、塾の費用捻出には苦労しましたが、塾通いは正解だったと思ってます。但し、今現在の大学での単位取得が芳しくないのが、とても不満です。今後は本人の自覚に委ねるしかないですが、せめて留年は1年に抑えて欲しいと願いつつ、大学生活は、本人次第なので何ともならないですね。



















































大学入学共通テスト(通称:共通テスト)は、私立大学の入試にも使われ大変、重要になっています。国公立大学が第一志望でも私立大学を滑り止めにしている方がほとんどですよね。近年は、難関私立大学でも共通テストの結果だけで合否を決定する試験が増えており、共通テスト後の自己採点で滑り止めとして出願した私立大学の合否を推測される方も多いはずです。ただ、各進学塾が判定する合否予測も信用度は微妙です。我が家も受験に挑んでいた時期があり、過去に塾各社の合否判定と実際の合否結果を比較してみましたが、あまり当たりませんでした。正直な所、各大学が公表している出願者数から各進学塾の判定を上下に多少シフトしたくらいで正解でした。この滑り止めを正しく推測できない状況だと私立の一般入試に多く出願する事になり受験日程がタイトになってしまいます。とりあえず合否判定は、絶対的に信用する事はできないという事を理解した上で共通テスト以降の受験日程を戦いましょう。個人的な感覚では、河合塾が最もアグレッシブに判定してくれてましたが、A判定で合格があれば、不合格もある。E判定で合格があれば不合格もある。結局、無難な判定となっていたのが駿台・ベネッセデータネットかなぁといった印象です。過去の合格最低点を公表している大学なら、共通テストの平均点を昨年度と比較して合格最低点の変動を推測してみると自己判定で予測した方が合否の推測は当たります。ちなみに合格最低点を公表している大学の方が公平性、公正性があり偏差値ランキングを上げるような画策をしていない透明性のある大学のように感じます。推薦入学の比率が高い大学の方が合格最低点などを公表していない印象です。

※ところで共通テストの自己採点は、二日間とも終わってからが良いでしょう。また、友人と答えを言い合うのも避けた方が良いです。終了したテストを振り返るよりも次の科目に向けて冷静になる事が大切です。但し、昨年(令和4年度)のような数学ショックが発生した事が明らかな場合には、Twitterなどの閲覧で気持ち的に救われる場合もあります。それは、あまりに出来が悪い人が多過ぎてトレンドの上位で呟かれ、皆も苦しんでる事が分かるからです。

ちなみに自己採点後の助言としては、共通テスト入試の出願先は合格者数、定員を多く設定している大学の方が合格できる可能性は高いと思いますのでお勧めです。入学者数全体の定員が多くても推薦入試の割合が多い大学だと意外にも偏差値的な難易度よりも合格できない状況が多いです。正直な所、滑り止めの大学が想定外の不合格になってしまうと自信を失った状態で本命の国立大学を受験となりメンタル的にも厳しくなっていきます。ただ、仮に滑り止めだとしても入学しても構わないと思える大学にしないと意味がないので、少なくとも滑り止めの大学に入学する事になっても納得できる何か良い所は見つけておきましょう。また、結果的に浪人する事になっても浪人するからには、狙う大学のレベルも上げていきたくなるので、例えば、知名度、将来性、立地、学費など少なくとも何か納得できる理由を考えておいた方が良いと思います。また、浪人してからの出願先は、なるべく推薦入試での入学割合が少ない大学をお勧めします。周りの皆が現役でしかも推薦入試だらけだと受験勉強を頑張っても虚しくなってしまいますよね。更に言うと高校生の段階では受験勉強で視野が狭くなってしまい大学の偏差値ランクで入学する大学を考えてしまいがちですが、実際には大学に入学してから、社会に出てからの方が圧倒的に重要です。出願先は、偏差値ランクの割に卒業時の評価が高い大学、面倒見の良い大学、伸びている大学などを推奨します。大学群で序列を参考に記載しますが、社会に出てからの印象だと大学群の枠が2段階ほど上下しないと仕事の能力では明確な差は見受けられません。

大学群と合格難易度

以下は、大学入学共通テストに関するサイトです。受験生の方々は、あと少し最後の力を振り絞りつつ健康には十分、気を付けて頑張って下さい。











以下が、出願先の参考になれば幸いです。



























大学入学共通テスト(通称:共通テスト)にて近年は、難関私立大学でも共通テストの結果だけで合否を決定する試験が増えています。但し、各大学で異なりますが、多くの大学は共通テスト当日よりも前に出願締切となっています。気になるのは、共通テストの自己採点から、出願した私立大学に合格できるか?また、国公立大学は志望校のボーダー得点は?などでしょう。今回、塾各社の合否判定と実際の合否結果を比較してみました。まずは、塾各社で判定枚に合否判定の可能性(%)が多少、異なりますので最初に確認しておきます。

判定の違い01

ただ、上記の表で駿台とベネッセは提携していてデータを共通利用してるはずなので判定が同じになるかと思ってます。また、各社とも「A判定なら合格の可能性80%以上」となっていて共通テストのみの合否判定なら模試の判定とは異なり、自己採点で実際の得点が分かっているので確実に合格できると思ってしまいますよね。しかし、実際はあまり信頼性がないという事が分かりました。その結果が以下です。

判定の違い02

第1志望の結果を記載してないのは、国立大学なので共通テストのみではなく2次試験の結果に左右される事から判定の信頼性を比べる価値がないと考え除外しました。今回、最初に合格発表があったのは、第4志望だったので結構ショックでした。河合塾は3種類すべてA判定だったのに不合格だったのです。この結果だと、どこの塾も信頼性がないのでは?と思ってしまいますね。確かに信頼性がないです。ただ、各塾で共通だと思われますが、各大学の出願状況(途中経過の人数)を考慮してないと思いました。本来なら昨年の出願者数と今年度の出願者数を比較し、昨年の合格最低点(大学によっては非公表)も参考にして考えると合否結果の精度が上がります。実は、自分が考えた合否予測は実際の結果とほとんど一致していました。
塾の合否判定だけでなく昨年、今年の出願者数まで調べて予測したのは、共通テストのみの出願が滑り止めになるか把握したかったからです。すべて不合格の可能性があれば、一般入試の出願先に更にレベルを下げた滑り止めが必要だと考えたからです。ただ、我が子は、第5志望までに合格できなければ浪人すると宣言してましたが、、、、。個人的に浪人は全く想定してなかったので微妙に思いつつ第3志望、第5志望は合格を予測できたので特に意見の不一致は議論せずに次の試験に向けて頑張ろうと考えていけました。

今回、共通テストの合否判定を紹介しましたが、実際には、第2志望~第5志望に対してすべて微妙な得点だったと思います。ある意味、明らかな不合格や余裕の合格とならない実力相応の大学に出願し結果を考え期待と不安を感じられたのは共通テストで実力を出せたという事です。すべてE判定ですべて不合格とか、すべてA判定ですべて合格なら、実力を見誤って出願先を間違えているという事になります。合否判定の信頼性を比べる事も出来ません。

とりあえず合否判定は、絶対的に信用する事はできないという事を理解した上で私立大学の出願、国公立大学の出願先を考えましょう。合否判定の精度を少しでも高めたいなら、自分で出願者数の途中経過なども調べて自分自身で予測する事が必要でしょう。ただ、この色々と調べるのは受験する本人ではなく親御さんが良いと思います。結果を予測する事で以降の入試で点数が増える訳でもないので受験する本人には、次の試験に向けて前向きに勉強に取組んでもらいましょう。実は、色々とデータを分析するのは嫌いじゃないので個人的に受験で色々と分析、予測して楽しませてもらえました。最終的に第1志望に合格する事は出来ませんでしたが、期待と不安も人生のスパイスという事で受験シーズンを楽しめたと思っています。ただ、出願費用、入学金、授業料と財布は極寒状態でしばらくは節約生活を頑張ります。。。





























最近は、スマホの普及でキーボードを使わない若者が増えたと聞きますが、社会人になるとスマホだけでは通用しないのでPCで苦労しないようにタイピング練習すると良いかも知れませんよ。

P検02

P検01

以前にも紹介したのですが、相変わらず準2級です。恐らく、お試しでは準2級までしか表示してくれないのかなぁと思ってます。





 ブラインドタッチが出来ない人を見てると実は少し不憫に思ったりします。必死でキーボードばかり見てたくさん打込んだ後に画面を見てミスだらけでたくさん打ち直している上司の部長を見ると老害か?と残念な気持ちになります。まだまだ30年以上は働くという若い方々には、オッサンなんかに負けないよう精進しキーボードくらいはおおよそブラインドタッチで行けるようにゲームなども有効活用し上達しておきましょうね。その後は仕事で使用してれば勝手に上達できますよ。





 

タイピング日本語-1

タイピング日本語-2

 以前にもタイピング練習に使えるベネッセのマナビジョンでP検を紹介しましたが、今回は日本語入力を試してみました。結果は、準2級レベル?となりました。年齢の割にはブラインドタッチで行ける方なので割と良い点数だと思うのですが、日本語を読み間違えるとかなりロスしますね。それでも前回、英語を試した時と比べると良い点数です。英語は、仕事で滅多に直接入力してないので、どうしても文字を正しく見ながらでないと綴りを間違えてギリギリの準2級でした。カタカナ的にも使われる英語は、変換してくれる単語も多いですしね。今回は、日本語なのでサクッと読んでサクサク打込めるだけあり文字数も増えて点数も圧倒的に増えました。ひょっとして、100点に到達したら、2級相当になるかも?と思い数回、頑張ってギリギリ100点に到達させましたが、表示は、準2級相当という事でネットでのお試し練習では準2級までしか表示されないのかも知れません。とりあえず、ゲームとは異なり純粋にブラインドタッチの練習にしかなりませんが、上達具合を試すには良い方法だと思います。
 ブラインドタッチも自分と同じくらいのアラフィフだと出来る人がほとんどいなくて職場では、打合せ中にPCで打込みながら打合せを進行する際に打込みが遅くて都度、待たせる老害な部長級のお方などが気になってしまうのは自分だけでしょうか?打込みが遅くて周りの人たちを待たせるなら、まずは、手書きメモのみとして全体の進行を遅らせないで欲しいと思ってしまいます。今後、音声入力なども進化していくとは思いますが、まだまだ30年以上は働くという若い方々には、オッサンなんかに負けないよう精進しキーボードくらいはおおよそブラインドタッチで行けるようにゲームなども有効活用し練習して欲しいと思います。ちなみに自分は、学生時代に少しゲームで練習しましたが、その後は仕事で使用する事で勝手に上達して来たと感触です。





 

↑このページのトップヘ