ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

タグ:カタツムリ

ajisai

 先日、我が家にカタツムリ(蝸牛)が現れた記事を書きましたが、カタツムリといえば紫陽花のイメージがあるというご意見を頂きました。確かに写真やイラストで紫陽花の葉にカタツムリがいる印象があります。そこで、まずは、幸運にも近所に紫陽花があったので紫陽花の写真。素人が携帯で撮影したのですが、この日も雨上がりで紫陽花が雨上がりに似合ってる印象です。ところが、ここで疑問が、、、、紫陽花の葉に本当にカタツムリがいるのか?
 紫陽花の葉には毒があり、カタツムリに限らず害虫もほとんどいないのが現実のようです。梅雨から連想されるイメージにカタツムリや紫陽花があり、人がそれを組み合わせて映えを狙ったのでは?と推測されます。カタツムリは、殻を作るのにカルシウムが必要で、それでコンクリートによく出現するという事のようです。何故、家の玄関口に来るの?という疑問が解決しました。ただ、ネットでは紫陽花の葉にカタツムリがいたのを見たという意見もあり、紫陽花の葉にカタツムリが絶対にいないという事でではなく、カタツムリが好んで紫陽花に寄って行く訳ではないという事だと思います。

katatsumuri-1

 ところでカタツムリには、寄生虫がいて絶対に食べない(生食は論外)、触った後は手を良く洗うようにするなどの注意が必要と以前の記事に書きましたが、アルプスの少女ハイジというアニメに登場する犬(ヨーゼフ)がカタツムリを食べる映像を見た事があるでしょうか?カタツムリやナメクジ、カエルなどには、広東住血線虫という寄生虫がいる可能性もありヨーゼフが食べていたのは超ハイリスクという事が言えます。犬や猫が、もしも広東住血線虫のいるカタツムリやナメクジを食べると人間と同じく寄生虫で死んでしまう可能性が高いです。また、カタツムリから人に感染する危険性は、カタツムリやナメクジが動き回った野菜などを洗わずに食べたりで感染してしまうリスクがあるようです。本来、広東住血線虫が寄生したカタツムリをネズミが食べて、ネズミの糞を食べたカタツムリ(またはナメクジ)に寄生してとサイクルするようです。
 まさか、食べる人はいないと思いますが、悪ふざけして食べてしまうと寄生虫で死んでしまう事だってあり得ますので、子供たちが悪ふざけして食べたりしないように知識を持たせておいた方が懸命かも知れません。特にカタツムリは、子供がかわいいと言って触る事もあるので後からしっかり手を洗うように教えましょう。
 まとめです。紫陽花(あじさい)と蝸牛(かたつむり)の組合せはめったに見る事も出来ないと思いますので、もしも実際に見つけたら映える写真になるのでシャッターチャンスです。但し、そういう写真やイラストの存在が紫陽花と蝸牛のイメージを作り上げたのかも知れないというのが紫陽花&蝸牛イメージを連想させる事になったと思われるという結論です。


katatsumuri-1katatsumuri-2
katatsumuri-3

何てこともないですが、我が家にカタツムリ(蝸牛)が現れました。
雨降りが続いてるのでカタツムリにとっては嬉しい季節でしょうか?
実は、カタツムリの写真を撮影する際にカメラを近づけても全く逃げる事なく突進してきました。
(突進といえど、超ゆっくりです^^)
ひょっとして、カタツムリは目がないのか?見えてないのか?と調べてしまいました。
童謡で聞いた事があると思いますが・・・・お前の目玉はどこにある~って感じでした^^
カタツムリの目は、大触覚の先端にあります。
良く見ると黒い点が見えます。

katatsumuri-4

ちなみにカタツムリも調べてみると種類がいて、触覚の根元に目がある種類もあるようです。
何となく見てるとカワイイと思えたりしますが、カタツムリには寄生虫がいる事もあり、触った後はしっかり手を洗いましょう。
まさか、食べる人はいないと思いますが、悪ふざけして食べてしまうと寄生虫で死んでしまう事だってあり得ます。
(どこかで、ナメクジを食べて死んでしまったという報道を見た事があります)

普段は、雨降りだと少し気分も晴れない感じになるのですが、結果的に今のWITHコロナの状況だと出掛ける人が減り自粛に近い状況を天気が後押ししてくれてるように感じてます。天気が悪いと出掛けようと思わない人が多いですよね?
そろそろ日本は梅雨入りして、雨が多くなってますが毎週末(金曜~日曜)が雨降りならコロナも収束方向に向かうかも?と期待しています。最近は、東京オリンピックの中止なんて正しくない情報ですが、話題に出たりしています。
たかが雨降りでカタツムリが来たという話題から、結局、コロナ禍の話題につながってしまう今の状況は残念でなりません。
早くワクチン、治療薬、予防薬などが開発されて欲しいですね。
ただ、今は、自分で自分の身を守る行動、もしも自分が無症状の感染者だった場合に人に感染させない行動というのが大切です。
この危機みんなで乗り越えて行きましょう。

↑このページのトップヘ