ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

タグ:アドセンス

 コロナ禍で暇になり、趣味らしきことがパチンコくらいだったが、稼いでるなら良いものの基本は、負けるので散財。緊急事態宣言などもあり、外出自粛からブログに挑戦し始めて約1年が経過しました。とにかく最小限の費用でブログ運営したかったので王道のワードプレスではなくライブドアブログを選択。それなりに苦労したが、グーグルアドセンスも合格できて少しは軌道に乗ってきたのでブログを初めてからの約1年を振り返ります。

【2020年3月】
 ライブドアブログに登録し、紹介ページのみ作成しブログを開始。
 少しは、小遣い稼ぎできればと考えつつもネットで調べる限りでは、ブログ運営で稼ぐことは簡単ではないという情報も多い。ブログ運営の費用を最小限にする前提でライブドアブログを選びました。
ブログによってメリットやデメリットが色々ありますが、ワードプレス、はてなブログなど王道のブログは費用が掛かります。ただ、無料ブログは、運営側がサービスを終了するリスクもあると理解しつつも損失を嫌ってライブドアブログにしました。



【2020年4月】
 サーチコンソール、サイトマップの登録。
運営を開始してもブログへのアクセスしてもらう事が重要で、色々と調べるとグーグルのサーチコンソール、サイトマップの登録が重要だと知り、グーグルのアカウントを登録しサーチコンソールとサイトマップの登録を実施(但し、その後、独自ドメインを取得し再登録した)。
 Google、Yahooの検索サイトで発見してもらう為の初歩ですが、結果的には約半年を経過し記事が200件を超えた頃にやっと自分のサイト独自のキーワードで検索すると見つけれる程度だったが、今はもう少し発見しやすくなっています。ライブドアブログで既にサイトマップの準備があるのでプログラムなどの詳しい知識がなくても設定できます。



【2020年5月】
 ブログサークルに登録。
ブログサークルでは、個人でブログ運営してる方が困りごとを相談したり、お互いのブログがランキングサイトで上位になるよう相互応援したりしているが、ブログ開始し初期の頃は、自分のブログを訪問してくれる人も皆無なのでサークルの方が訪問してくれる事で励みになるのは大きいと感じます。ブログで記事を作成しても誰も訪問してない状態だと気持ちが萎えますよね。


【2020年5月】
 お名前.comで独自ドメインを取得。冒頭に書いたが、費用を最小限という事でドメインは最安の「.work」を選択。とりあえず、ブログの収益化には、アドセンスが王道という事だが、独自ドメイン使用は、ほぼ必須条件らしいので僅かの費用は許容する事にしました。
 以下の画像は、2021年3月に「お名前.com」で調べた時の金額です。金額は日々、変動するようなのでご注意ください。
独自ドメイン

【2020年5月】
Googleアドセンス申請を開始。必須条件として、独自ドメイン、プライバシーポリシー、サイトマップなど条件を整えたが、結果は、
「アカウントの承認を受けるには、問題を解消していただく必要がございます」
を繰り返す。この後、何かと調べたらSSL化が必要だろうと推測されたが、しばらく記事レベルを上げようと試行錯誤してみたが無理だった。ブログサークルで知り合った「MKさん」より、SSL化は必須では?と助言を頂いた。まだ、ブログを始めてから間もなかったのでブロガーブログ(グーグルが運営する無料ブログ)を紹介されたが、ライブドアブログのSSL化について順次対応の情報だったのでライブドアブログの対応に期待し、しばらくはアドセンス以外で試す事にした。



【2020年5月】
 ツイッターとブログのリンクも効果がある事を知り、世の中でバカッターという言葉を聞いた事があり少々、警戒していたが、とうとうツイッターも登録しました。
ツイッターでは「あおい(アドセンス申請の女神)さん」にグーグルアドセンスについて相談してみたが、やはりライブドアブログでSSL化されてない状態では無理そうだった。それでもワードプレス前提でもマニュアルを頂き参考になった。ちなみに今は、ライブドアブログで独自ドメイン利用でもSSL化(HTTPS対応)されてます。

【2020年9月】
 はてなブログの無料アカウントに登録する。
 人気のはてなブログのブックマーク機能でサークル仲間を応援したいという理由で登録しまし。この時期、アクセス数が多かったのは、ブログサークルとライブドアブログのランキングページが中心だったので相互応援を考慮しはてなブログのアカウントを取得しました。はてなブログでもランキングやタイムラインに掲載されればアクセス数が大きく伸びる可能性もありますが、はてなブログ以外で紹介される頻度は少ないと思われます。それでも疑問に感じるレベルではてなブログからの訪問があった時もあるので時にはアクセスを稼げる場合もありそうです。

【2020年10月】
 ライブドアブログを利用している人で独自ドメインでもHTTPS対応(SSL化)されていてアドセンス広告がある事に気付き諦めかけていたアドセンスについて期待が膨らみました。
 さっそくHTTPS対応した。その後、色々な広告がアドセンス申請に不利になる可能性も考慮し、すべてのクリック広告とアフリエイトの表示を停止して約10日ほど経過してから久々にアドセンス申請する事にしました。



【2020年10月】
Googleアドセンスの女神から朗報が届く。
「お客様のサイトで AdSense 広告を配信する準備が整いました」

Googleアドセンス有効になったお知らせ-2

【2021年3月】
 このブログ記事を作成している時点でアドセンス収益は、4桁の前半です。銀行口座への振り込みが、8,000円以上で月単位という事なので、まだ入金経験はありません。今のペースだと初入金までは、まだ1年以上かかりそうです。それでも他のクリック広告の収益より、はるかに多いのでアドセンスに大きな可能性だけは感じる事が出来ます。コロナ禍の暇つぶしに始めたブログでしたが、ブログを始めても1年続かない人がほとんどと言われてるだけに個人的には上出来だと思っています。
 結構、ネットではブログ始めて1カ月で5桁、6桁と頑張れば利益を出せるとの情報もありますが、とりあえず、儲かる的な情報には手を出さずにとにかく損失ゼロ以上を目標にするように心掛けています。儲かるイメージが先行しても後の落胆が大きいと結局、継続する事でブログの情報を積み上げれずに途絶えてしまっては意味がないので、のんびり趣味のつもりで継続しようと考えるようにしてるのが続いてる秘訣と思います。
 ブログサークルもツイッターも始めてみて感じたのは、想像以上に優しく親切に対応してくれる人が多い事に驚きました。何かとニュースでは炎上してる等々が話題になる度に厳しい人たちが多いように想像してしまいましたが、厳しく叩く人は、きっとごく一部なんだと思いました。



 ただ、最近は、普通にサラリーマンとしての仕事が忙しくなりつつなので、ここまで約1年で300記事以上という個人的にはハイペースでしたが、今後、投稿頻度が減ってしまいそうです。ただ、ブログ自体は継続しますので、どなたでも何かと絡んで頂ければ嬉しいです。



Googleアドセンス有効になったお知らせ-2
 いつもブログやツイッターで見掛ける画像にようやく出会う事ができました。
この画面はメールで配信されるんですね。

Googleアドセンス有効になったお知らせ

 最初に気付いたのは、Googleアドセンスのページを開いた時でした。
この画面もツイッターで見掛けた事がありました。

Googleアドセンス有効になったお知らせ-3

 実は、完全な収益ゼロ、表示回数ゼロの状態は、今しかないと思い証拠に残しました。
きれいさっぱり、すべて「0」が並んでいますね。当然の事ですが、今からがスタートと言えるでしょう。

Googleアドセンス有効になったお知らせ-4

 ただ、注意が表示されて気になってしまいました。ads.txtについては、ライブドアブログでは対応してないという事と必ず対応しないとダメという訳ではないようなのでスルーするしかないです。
sellers.jsonについても必須ではないようなので現時点ではスルーします。

 ブログを始めたのは、コロナ禍の自粛で休みに暇すぎたのが切っ掛けでしたが、今までのように暇つぶしでパチンコに行く事がなくなり単純に無駄な浪費がなくなっただけでも嬉しい誤算になってます。アドセンス申請について色々調べると正直な所、自分のブログではGoogleアドセンスの審査に通るのは難しいだろうと予想してました。何故なら記事の文字数は少ないし、内容も世間の皆様に役立つような記事も少ない。それでも、ブログやツイッターで知り合った方からSSL対応が必須という助言も頂き、ライブドアが順次SSL対応予定と公表してたので、そこまでは粘ってみようと考えました。結局、半年以上ほぼ毎日、新しい記事を出し続け数えてみると210記事になってました。但し、記事は低レベルです。
 今までGoogleアドセンスの広告を貼れなかったので別の広告を貼ってましたが、アフリエイトの収益はゼロ、クリック系の収益が4カ月で59円です。ところが、アドセンスの収益は、広告を貼って1日で既に33円と表示されているので驚いてしまいました。それでもアドセンスだけですごく稼げる訳もなく脱サラするほど頑張るつもりもないので今は、アドセンス申請が通った喜びを感じつつ、ただ単純に自分が楽しくて、かつ、読んでくれる皆様が楽しめたり、喜んだりできる記事を心掛けつつ、ぼちぼち頑張っていきます。

↑このページのトップヘ