ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

カテゴリ: お勉強

大学受験では、どうしても偏差値の高い大学が良い大学だと考えてしまう傾向になりますが、良い大学、自分と相性の良い大学とは限らない。そもそも日本での大学受験は、入学後の事を考えない傾向が強いが、入学後(卒業後)も考えて大学を選ぶ事が大切です。今回、世界大学ランキングにランクインしている日本の大学を抽出してみましたので進学先を選ぶ際の参考にして頂ければと思います。ある意味、偏差値の割にランキングが高い大学があれば偏差値vsパフォーマンスが良いという事でお得な大学とも言えます。

偏差値以外に異なる目線で大学を調べてみるのも面白いと思います。上記のランキングは総合ランキングで順位を記載してますが、個々の項目でのランキング化もあったりするので例えば教育が充実してる方が良いとか、研究力が欲しいとか、国際性であったり、自分にとって必要な事が充実してる大学を選んで入学した方がきっと大学生活も充実しますよね。

THE2024(1~)

THE2024(24~)

THE2024(41~)

THE2024(75~)

・偏差値ランクで言われる大学群と比べると表に記載した大学と以下と概ね一致と言えなくもないですが、偏差値の割にランキングの高い大学もありますよね。

東京一工:東京、京都、一橋、東工大
早慶:早稲田、慶応
旧帝:大阪、名古屋、東北、九州、北海道
上理:上智、東京理科
TOCKY:筑波、お茶の水、千葉、神戸、横国
GMARCH:学習院、明治、青学、立教、法政
関関同立:関西、関学、同志社、立命館
金岡千広:金沢、岡山、千葉、広島
5S:埼玉、静岡、滋賀、信州、新潟
産近甲龍:京産大、近畿、甲南、龍谷
(個人的なイメージの偏差値ランク順で上から記載)

・Times Higher Educationが発表する大学ランキング
日本国内で注目度が高いのは「世界大学ランキング」「アジア大学ランキング」「世界大学ランキング日本版」「インパクトランキング」の4つです。

・THE世界大学ランキングは、大学の「研究力」に特に着目しているようです。
各大学のデータを「教育力」「研究力」「論文の引用数(研究の影響力)」「国際性」「産業界からの収入」の5分野、13の指標で分析しスコア化し順位付けされています。

・THE世界大学ランキング日本版では、日本の大学のみがランキング化されています。日本版は教育環境や学びの質、成長性に注目し、「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野16項目を指標としランキング化されています。教育の受け手となる「学生調査」もランキングに反映されているとの事です。

・QS世界大学ランキング(QS World University Rankings)
留学生比率、国際教員比率、学部生比率、教員ごとの引用数、学術的評判、雇用主の評判の項目を得点化し評価し総合スコアでランキング化されています。

・THEインパクトランキング
持続可能な開発目標SDGsについて大学が研究や社会貢献活動を通じて取り組んでいるのかをTHEが毎年ランク付けしています。

もっと詳しく調べたい方は以下のサイトも参考にして頂ければと思います。日本の大学以外に興味を持ったりして。。。

QS世界大学ランキング(QS World University Rankings)


THE世界大学ランキング 日本版


THE世界大学ランキング(Times Higher Education)


THEインパクトランキング(THE Impact Rankings)


色々な大学のランキングを紹介しましたが、大学は入学後の過ごし方が重要です。大学受験で第一志望の大学に合格できず滑り止めの大学に進学する事になったとしても入学後の努力で自分の人生は変わります。仮に第一志望の大学に入学できても入学後の素行によっては卒業できない可能性だってあります。大学での過ごし方は、ある意味、自由なので自分次第です。まあ、本当に重要なのは、社会人になってからとも言えますけどね。































 高校に進学後、早い時期に受ける模試ほど、進研模試を採用している高校が多いかと思います。通常、他の学習塾(河合塾、駿台、東進など)だと、学習到達ゾーンで現在の実力を示すのではなく志望校に対して合格の可能性で示す場合が多いかと思います。どちらが分かり易いか微妙ですが、進研模試は、基礎的な問題が多く難関大学よりは、中堅以下の大学向けに問題が作成されており、大学に進学しない方も多数が受けます。難関大を受験される方は、他の模試も含めて目標とする大学に合格できるよう学習への取り組みを考える必要があります。
 進研模試では、結果が返却されると「GTZ」の記載があり、学習到達ゾーンといえば聞こえは良いですが、今の時期、今の学力で想定される進学先は、この偏差値レベルの大学あたりという事です。あくまで模試を受けた時期から、大学受験までに平均的に学力が向上した場合を想定しての学習到達ゾーンとなるので学力の向上が平均以下であれば、進学先の想定がレベルダウンという事になります。

評価の位置付け

 我が子の場合、表の通りですが結果的には、高校入学時よりは難易度の高い大学に進学する事ができました。共通テスト入試の自己採点では、S2ランクの国立大学に合格できるかも知れないと想像してしまいましたが冷静に考えれば、過去の模試(筆記)での結果を考慮すれば、不合格になるのも必然でした。それでも第3志望には合格できたので救いですね。ちなみに第4志望、第5志望は、GTZと志望順に変に思うかも知れませんが、GTZは進研ゼミ/ベネッセの判定からの難易度(偏差値)なので塾によって偏差値も異なります。また、実際の難易度や大学の評価を考慮して志望順を決めています。特に第5志望は、GTZがS3ですが、結果的に共通テスト入試で出願した結果は、奨学生としての合格でした。あと第4志望は、共通テスト入試の配点から不合格でしたが、元々、推薦入試での入学割合が多過ぎる事が分かっていたので一般入試では出願しませんでした。結果的に第3志望の大学には共通テスト入試で合格だったので一般入試は、第2志望の大学に注力すれば良かったのですが、塾各社の判定が微妙だったこともあり、第2志望の一般入試や第1志望の国立大学に注力できなかった部分では、もっと上手に共通テスト入試の自己採点から合否の結果を予測できれば、結果が違ったかも知れないと思う部分もあります。

進研模試の結果と実績

判定基準

 高校入学時のレベルよりも進学する大学のレベルを上げるには、塾に通うのも有効です。実際、我が子は塾に通いレベルを上げました。進研模試の結果が、入学後3か月の7月には驚くほど悪くなり、指定校推薦でも貰わないとヤバイ状況だと察しました。その後、塾の費用捻出には苦労しましたが、塾通いは正解だったと思ってます。但し、今現在の大学での単位取得が芳しくないのが、とても不満です。今後は本人の自覚に委ねるしかないですが、せめて留年は1年に抑えて欲しいと願いつつ、大学生活は、本人次第なので何ともならないですね。



















































 大学の情報について何かと実際の声を知るのに大学通信ONLINEを参考にする事も多いのですが、今回、高校の進路指導教諭が勧める大学という事で各項目ごとのランキングから総合ランキングを作成してみました。各項目の1位を30ポイント、2位を29ポイントと順にポイントを減らし30位が1ポイントとした場合にすべての項目の合計ポイントでランキング化しました。

高校教師が選ぶ順位01

「大学通信ONLINEでの項目は以下」
・面倒見が良い大学
・就職に力を入れている大学
・教育力が高い大学
・グローバル教育に力を入れている大学
・研究力が高い大学
・改革力が高い大学
・小規模だが評価できる大学
・入学後、生徒を伸ばしてくれる大学
・入学後、生徒の満足度が高い大学
・偏差値や地理的条件、親の資力などの制約がない場合、生徒に勧めたい大学
・生徒に人気がある大学

人それぞれ重要視する項目が異なると思いますので元情報は以下となりますので気になる方は閲覧下さい。



ある程度、予想通りですが、「早慶上理ICU」「GMARCH」「関関同立」は、すべて上位にランキングされました。大学の知名度が高いだけでも進学先として選ぶ理由にもなりますし「早慶上理ICU」「GMARCH」「関関同立」などのトップ私立の難関大学であれば、高校の進路指導教諭が勧めるのも納得できます。当然、生徒だって学力が伴うなら進学したい大学に選びますよね。ランキングも色々あり大学の選び方が偏差値だけではないというのは間違いありませんが、最終的には本人が大学入学後に何を学びたいのかが最も重要と思います。

早慶:早稲田、慶応
上理:上智、東京理科
GMARCH:学習院、明治、青学、立教、中央、法政
関関同立:関西、関西学院、同志社、立命館
産近甲龍:京産大、近畿、甲南、龍谷
南愛名中:南山、愛知、名城、中京
日東駒専:日本、東洋、駒沢、専修
西福APU:西南学院、福岡、立命館アジア太平洋

また、何かと大学群で示してますが、将来的に倒産しない大学という意味で難易度や知名度も重要です。まずは、上記の大学群なら有名大学なら将来的にも安泰でしょう。また、近年はコロナ禍の影響もあり国公立大学の人気が上昇していたようですが、今後は逆に景気が良くなり、私立難関大学の人気が上昇する傾向と思われます。国公立大学でも地方では人気が下落傾向なので必ずしも国公立大学が安泰とは言えない状況になりつつあると思います。また、大都市圏で難易度の高い大学を目指すのも社会経験的には価値があるようにも思います。ちなみに近年は東京一極集中の傾向が強く「関関同立」は狙い目と言える状況ですよ。









































 関西の大学群と言えば、「関関同立」「産近甲龍」ですよね。文系の場合は、国公立と私立で学費の差が少ない事もあり地方国公立よりは都市部へ進学する志向が強いので特に関西地区のトップクラスに位置付けられる「関関同立」は、関東圏の「GMARCH」と同様に知名度、人気とも最上級です。その文系の中で割と偏差値が高く難易度が高い傾向になっているのが法学、政治学系です。特に法学部は、社会に出てから役立つ事を学ぶ学部でもあり人気の学部です。但し、法学部は他の文系学部に比べ単位取得に苦労すると言われるだけあり、入学後に苦労する可能性が高いのは悩ましいかも知れません。
 今回、東進衛星予備校の2024年度入試のボーダー偏差値が更新されたので法学系についてボーダー偏差値を整理してみましたが、実際の難易度は偏差値だけで表現できるわけではなく、特に入試科目数が少ない場合だと偏差値が高めになる傾向です。当然ながら、科目が少なければ、それを得意科目としている方が集まり、ボーダー偏差値も上昇傾向になります。東進衛星予備校の場合は、受験方式によって偏差値に差がある場合は、それぞれ記載しているようです。ただ、主要な入試方式ではなく科目数が少ない受験方式は、除外されているようにも見受けられます。

関関同立-表01

産近甲龍-表01

上記の表を分かり易くグラフ化してみました。表の偏差値でも分かりますが、レベルが上がってきたと言われる近畿大学でも、まだ「関関同立」とは差が大きいようです。また、「関関同立」では、レベルが上がってきた立命館大学が同志社大学に肩を並べる状況のようです。

関関同立-図01

産近甲龍-図01

 また、大学進学後に法科大学院を目指す方は、法科大学院が募集停止となっている大学も多いので注意が必要です。偏差値上位の難関大を除けば、ほとんどの大学の法科大学院は募集停止の状況です。人口減少が進んでいる昨今では、一般入試を戦わずに推薦入試で進学先を早々に決めてしまう方が多いと聞きますが、将来的に確実に生き残る大学に進学したいと思うなら、以下略称の大学群など有名大学を卒業しておくのが無難でしょう。自分が卒業した大学が将来、消滅したら残念ですよね。

早慶:早稲田、慶応
上理:上智、東京理科
GMARCH:学習院、明治、青学、立教、中央、法政
関関同立:関西、関西学院、同志社、立命館
産近甲龍:京産大、近畿、甲南、龍谷
南愛名中:南山、愛知、名城、中京
日東駒専:日本、東洋、駒沢、専修
西福APU:西南学院、福岡、立命館アジア太平洋

また、今回は、私立大学に限定してますが、近年はコロナ禍の影響もあり国公立大学の人気が上昇していたようですが、今後は逆に景気が良くなり、私立難関大学の人気が上昇する傾向と思われます。家計に余裕があれば国公立大学に限定しランクを下げるよりは、納得できるレベルの私立大学に進学した方が良いかも知れません。また、東海地区や九州地区など私立大学がそれなりにあっても大都市圏ほど難易度の高い大学がなく「関関同立」への進学が多い傾向も見られます。











































 受験人口の減少で偏差値の低い大学は、学費さえ払えば誰でも入学できると思えるような状況になりつつありますが、難関大学では全く入学しやすくなってないのが実情です。そんな中でも関西の難関私立大学「関関同立」関西、関学、同志社、立命館について試験日と試験会場から穴場日程を分析してみたので志望する学部と各大学の試験日程から考えてみて下さい。個人的な経験値(身の回りの知人が受験した結果)では、それほど間違ってないように思っています。

分析の考え方としては、関関同立で他大学と重複する日程は競争率が緩和される傾向になる。各大学とも地方にも試験会場を設定してますが、地方試験が実施されない日程の方が受験者が少しでも減るので競争が緩和されるという推測から分析しています。

関関同立の穴場日程

・同志社大学
安全圏~実力相応の場合、特に狙い目はありません。関西私大のトップなので素直に希望の学部を受験しましょう。但し、しいて言えば、立命館大学と日程が重複する日は、受験者が分散し若干、競争が緩和する可能性はあり。挑戦の場合は、立命館など他大学と重複する日は、どちらを受験するか迷う事になるかと思います。
・立命館大学
挑戦の場合、学部によるが同志社大学と日程が重複し、かつ試験会場の設定が少ない2/7~2/9が狙い目となります。学部個別入試(2/7)が合格し辛いと分析しているサイトもありますが、身の回りの知人たちの結果では、逆に狙い目だったと感じる結果でした。実力相応の場合は、同志社大学を挑戦するのか迷う事になりますね。
・関西学院大学
挑戦の場合、2/3、2/4が狙い目となります。ライバルの関西、立命館と日程が重複し、関学の試験会場の設定が少ない事が理由です。また、関西学院大学の場合は、同志社大学との重複しても影響は小さいと推測します。
・関西大学
挑戦の場合、2/1、2/2が狙い目となります。関学、立命館と日程が重複し、かつ試験会場の設定が少ない事が理由です。また、関西大学の場合は、同志社大学との重複はあまり関係ないでしょう。

ちなみに関関同立の場合、すべての大学で共通テスト入試が穴場だと言われています。但し、基本は共通テスト受験前の出願となるので金銭的に許されるなら、どの科目で高得点になるか分からないので科目数パターンおよび出願する大学とも多めに出願した方が安心できるでしょう。但し、多数に出願しても共通テストで予想外に失敗した場合は、合否判定前に捨て金だったと確信する事になってしまうのは辛いかも知れません。

何かと大学の難易度やランキングをブログに記載してますが、世間一般的には、関関同立以上なら、十分に難関大学だと言えます。また、以下に記載のある大学群であれば、最難関レベルに限らず、東海地区や九州地区の大学も難易度上位として含まれてきます。

早慶:早稲田、慶応
上理:上智、東京理科
GMARCH:学習院、明治、青学、立教、中央、法政
関関同立:関西、関西学院、同志社、立命館
産近甲龍:京産大、近畿、甲南、龍谷
南愛名中:南山、愛知、名城、中京
日東駒専:日本、東洋、駒沢、専修
西福APU:西南学院、福岡、立命館アジア太平洋

ちなみに一般入試の試験で当然、人それぞれ個人の考え方によりますが、国公立大学は、受験機会が少ないので確実に合格したい場合は、どうしてもランクを下げてしまうので少々、もったいないですよね。









進学塾などの公表している偏差値についてリンクを貼ってみましたが、駿台は会員のログインが必要なのでリンクを貼ってませんのでご了承下さい。

ちなみに実際に大学受験する方は、大学の序列や偏差値ランキングをあまり気にせず勉強に励んだ方が良いと思います。難易度を知ったり、狙い目の大学を調べたりで学力が上がる訳ではありません。とりあえず、今回の記事が誰かの参考になれば幸いです。































↑このページのトップヘ