ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

カテゴリ: お手軽スイーツ

もちもちクレープ-1

もちもちクレープ-2

もちもちクレープ-3

もちもちクレープ-4

もちもちクレープ-5

もちもちクレープ-6

 ホントは、皿に乗せなくてもそのまま手軽に食べれるデザートでですが、以前にオレオのクッキー&チョコクリームを紹介した際にかじった感じが上品じゃないと思ったので今回は、更に乗せてナイフでカットしてから箸で食べました。

・製造者
田口食品 株式会社
兵庫県相生市陸東汐見塚10-5

田口食品は、田口乳業グループでワッフル、ロールケーキ、エクレア、シュークリーム、ケーキなど相生デザート工場でクリーム系のデザートを生産している会社です。今回、紹介した「もちもちクレー
プ」もモッチリ食感が良い感じでした。更に手頃な価格というのも嬉しいですね。




フルーツロール-1

フルーツロール-2

フルーツロール-3

スイーツ好きな筆者ですが、近頃、色々と別腹に入れているつもりが、同じ腹に入っているらしく体重が増えてきました。でも次回の健康診断まで半年以上あるので今は勝手に大丈夫と言い聞かせてます。

「5種のフルーツロール」というロールケーキを紹介します。最初から5つに切ってあり食べやすそうなパックになってます。横から見るとクリームたっぷりでフルーツが入ってるのも見えますね。食べてみるとクリームにフルーツのアクセントが良い感じで美味しかったです。

(株)ドンレミー
東京都足立区梅田6-12-11

この会社は、ティラミス、ケーキ、プリンなどスイーツ系を主に製造している企業です。
ドンレミーという名前は、フランスのドンレミー村のように穏やかな幸せを感じるお菓子作りを追求したいという事で名付けられたようですよ。

最近は、スイーツの記事が多くなってますが、単純に甘いものを食べる回数が多くなってしまってます。




黒糖まんじゅう-3


黒糖まんじゅう-1

黒糖まんじゅう-2

黒糖まんじゅう-4

黒糖まんじゅう-5

黒糖まんじゅう-6

 やっぱり、まんじゅうには抹茶が合いますね。餡子を包んでいる皮が美味しいまんじゅうでしたよ。

・製造者
株式会社 あわしま堂
愛媛県八幡浜市保内町川之石1-237-53

1927年(昭和2年)に創業した和菓子屋さんです。
2015年(平成27年)には栃木県に佐野市も工場を設立してますね。
(愛媛、京都、栃木に工場があります)

大福、団子と和菓子が主流ですが、カステラ、ブッセなどと洋菓子系も扱ってますね。
今回の「黒糖まんじゅう」は、餡子、饅頭が好きな方にはオススメですよ。

 杜の都、仙台の土産として有名ですが、萩の月を頂いたので食べたけど超おいしかったよ。
(やっぱり、萩の月って感じのする写真を最初にした方が良いですよね)
萩の月-6


萩の月-7

萩の月-8

萩の月-9

萩の月-A

 持った時点でやわらかい感触ですが、割ってみると中身もやわらかそうです。食べると中身はとろ~りと流れます。味や感触は、クリームよりもプリンに近い印象です。甘いものが大好きな筆者なので超おいしいの一言。土産の定番になるだけありますね。

萩の月-1

萩の月-2

・製造者
株式会社 菓匠三全
仙台市青葉区大町2-14-18
・製造所
宮城県大河原町大字保科前18

萩の月-3

萩の月-4

萩の月-5

袋は、1重包装になっていて、賞味期限が1週間以上ありました。
定番ですが、美味しいのでおススメです。

ミルクレープ-1

ミルクレープ-2

ミルクレープ-3

 くるくるミルクレープをおやつに食べてみましたよ。甘いものが好きで特にクリーム系を好んで食べる筆者です。クリームと言えば、生クリームやカスタードクリームが定番ですが、くるくるミルクレープは、キャラメルホイップというのが特徴的です。キャラメル系も当然ながら甘いのですが、甘さの種類が少し違いますね。もちろんプリンなどのカラメールソースも好きですが、甘党のおいら的には甘さが控えめに感じつつですが美味しかったです。

・販売者
株式会社 プリンス
東京都清瀬市中里5-8-1
・製造者
株式会社 プレシア 
神奈川県厚木市戸室5-32-1
・保存方法の変更者
(株)日本コムサ
愛知県一宮市荻原町荻原字松山531番地27

 いつも菓子、スイーツなどを紹介する際に販売者や製造者を記載してますが、「保存方法の変更者」というシールが気になりました。調べてみると食品衛生法(JAS法の規定)で消費期限や賞味期限の表示を変更する必要がある場合には適正にし直さなければならないという事のようです。具体的には、例えば、冷凍状態から解凍したり等で保存温度の変更で温度管理に変更があったりなどで表示されるようです。確かに流通段階で保存方法が変更されると期限も変わってきますね。流通段階でしっかり管理されて私たち消費者に届けられてると少し実感させて頂きました。

 今回、試したのは、ひと切れだけ小袋になっている井村屋「しっとりカステラ」です。
(国産小麦)というのがさりげなく嬉しいですね。

castella-1


castella-2

井村屋と言えば、「やまもちアイス」、「あずきバー」などCMのイメージが強いかも知れませんが、
肉まん系、しるこ系など小豆(あずき)を得意とするイメージですが、カステラもなかなか良い感じに美味しかったです。商品名にしっとりが入っているだけあってパサパサ感のないふわっとしつつも、しっとり感があってとっても美味しかったです。

castella-3

 我が家では、お茶を点てて飲むことがちょいちょいあります。何となく気分が乗ってきます。カステラは、北海道産バター、国産小麦粉と原材料にもこだわったいる商品で、コーヒー、紅茶、お茶のお供におススメですね。

・製造者
井村屋 株式会社
三重県津市高茶屋7丁目1番1号

 最近は、原料が国産だと積極的に記載されている商品も多いですが、日本で消費される小麦の約9割は、外国からの輸入です。アメリカ約5割、カナダ約3割、オーストラリア約2割といった所です。そう考えると国産小麦を使用したカステラというだけで勝手に満足してしまいます。

HARBS-1


HARBS-2

HARBS-3

 写真では、ミルクレープのクリームが銀紙に着いてしまい綺麗に見えないのが残念になってしまいましたが、ケーキそのものは大好きなミルクレープでしかも名古屋では有名なHARBS(ハーブス)だけあって超美味しかったです。

今は、名古屋だけでなく東京、神奈川、兵庫、大阪、京都、アメリカにも出店している有名店と思います。我が家は、基本がお持ち帰りでの購入なので持帰り店で買ってきました。本店には行った事ないですが、参考に記載しておきます。

・JR東海 高島屋テイクアウトショップ
名古屋市中村区名駅1-1-4 JR東海 高島屋B1F

・栄 本店
名古屋市中区錦3-6-17 セントラルパークビル2F

 ミルクレープなので中に果物が何かと入ってますが、層になって重なった部分には、スライスされたイチゴ、メロン、キウイ、バナナがクリーム一緒にサンドされています。クリームが、甘すぎないのが嬉しい限り。そこにちょうど良い甘さのクリームとフルーツの酸味が抜群です。今回の印象は、特にバナナとクリームの相性が抜群と思いました。

ROLL-1

ROLL-2

ROLL-3

甘い食べ物が別腹に入ってしまうブログ主なので相変わらず甘いものを食べています。

「もっちーず」というロールケーキを紹介します。最初から4つに切ってあり食べやすそうなパックになってました。横から見るとクリームたっぷりです。食べてみるとクリームが主ですが、チーズの味も適度に絡んで美味しかったです。

(株)ドンレミー
東京都足立区梅田6-12-11

この会社は、ティラミス、ケーキ、プリンなどスイーツ系を主に製造している企業ですね。
ドンレミーという名前は、フランスのドンレミー村のように穏やかな幸せを感じるお菓子作りを追求したいという事で名付けられたようです。

最近は、スイーツの記事が多くなってますが、単純に甘いものを食べる回数が多くなってしまってます。食欲の秋なので太ってしまいそうなので少し控えようかと思ってます。

 

 

チョコラトルテケーキ-1

チョコラトルテケーキ-2

ショコラトルテケーキを食べてみました。やっぱりチョコレート系のスイーツは、甘いなかに少し苦みがあるのが美味しいですよね。

・製造者
山崎製パン株式会社
東京都千代田区岩本町3-10-1

山崎製パンでどうしてもフジテレビのアナウンサーで山崎さんがヤマザキパンと言われていたのを思い出してしまいますが、この際、山崎アナウンサーをコマーシャルに使ったら面白いのにって思っています。

oreo-1oreo-2

oreo-3

oreo-4

デザートで甘いものを食べるのって基本ですよね。
今回は、ファミマで購入し家で食べましたが、時には買った直後に車で食べるも良いでしょうね。
チョコの甘さとビターが融合し食感の良いクレープでしたよ。少し内側の写真も掲載しようと食べてる途中の写真では、かじった形が見苦しくてスイマセン。

・製造者
田口食品 株式会社
兵庫県相生市陸東汐見塚10-5

田口食品は、田口乳業グループでワッフル、ロールケーキ、エクレア、シュークリーム、ケーキなど相生デザート工場でクリーム系のデザートを生産している会社です。これからも手頃な価格の美味しいスイーツを期待したいですね。

 

 

ふわふわスフレ-1

ふわふわスフレ-2

ふわふわスフレ-3

ふわふわスフレ-4

ふわふわスフレで嬉しいのは、カスタードでしょうか。先日、マツコの番組でカスタードが減っていると言ってました。確かにと納得しつつ、マツコと同じくクリームだけでなくカスタードも好きなので、ある意味で少し珍しい気もしてカスタードが気になり購入してしまいました。やっぱりカスタードも美味しいですよね。

・製造者
山崎製パン株式会社
東京都千代田区岩本町3-10-1

言わずと知れた大手でパン生地系から、サンドイッチ、スイーツ系など手広く大量に見掛けるので山崎製パンの物を食べた事がない人はいませんよね。

 

 


ミスド-1

ミスド-2

ミスド-3

 甘いスイーツが大好きなのでミスドで購入する時にはクリーム入りが多くなってしまいます。写真はエンゼルクリームです。今回は、クリームの入り方が片寄り気味で少し残念でしたが、やっぱり定番で美味しいですね。最近では飲茶、パイ、パスタなども扱っているミスドですが、我が家の場合は、持帰りばかりなので縁があるのはドーナツのみです。

株式会社ダスキン事業本部
大阪府吹田市豊津町1-33

 ミスタードーナツの運営は、株式会社ダスキンというのは、ご存知の方がほとんどのように思いますが、ダスキンは、訪販とフードの2本柱といった感じですね。訪販は、暮らし職場環境に関する事業でフードは、ミスド、ベーカリーファクトリー、パイフェイスなどを運営してますね。
とりあえず、東海地区には、ベーカリーファクトリーもパイフェイスもないようで我が家で縁があるのはミスドのみです。

こしあん-1


こしあん-2


こしあん-3

やっぱり、おやつが和菓子の時には、茶を点てるのが良いですね。
ひとくち こしあん大福 ですが、小さくて食べやすいのが、とっても嬉しいです。

・製造者
アダチ製菓 株式会社
岐阜県各務原市鵜沼各務原町5丁目251-1

大福、モナカ、ゼリーなど製造している会社ですね。

近頃は、食べたスイーツを紹介してますが、割と東海地区の製造者が多くなっているのは、特に意識してないのですが、住んでいる地域の品物の流通量が多いという事なんでしょうね。

ロールケーキ-1

ロールケーキ-2

ロールケーキ-3

知ってる方の方が多いかもしれませんが、ローソンで売っているプレミアムロールケーキです。クリームが好きな私は、クリームの割合が多いロールケーキを好みます。見ての通りクリームが多くてとっても美味しかったです。

・製造者
株式会社 フレシュール
岐阜県関市東新町7-2-2

今回、自分が食べたのは上記の製造者でしたが、全国で販売されてるので色々な会社が色々な所で生産してるんでしょうね。コストパフォーマンスに優れる美味しいデザートです。やっぱり甘い食べ物は別腹に吸い込まれてしまいます。

生チョコクレープ-1

生チョコクレープ-2

生チョコクレープ-3

生チョコクレープ-4

生チョコのもちもちクレープです。

・製造者
(株)デザートランド
横浜市港北区新羽町2099

チョコのクレープ系が好きな方には手軽に食べれてリーズナブルという嬉しい商品です。生チョコのアクセントも良い感じでとっても美味しかったです。高級感がある訳ではないですが、コストパフォーマンスを考えると良いで商品ですね。やっぱり甘い食べ物は別腹に軽く入ってしまいますね。

京都の土産で有名な生八ッ橋です。
土産ではなく家で食べる為に購入し食べてみました。

八ッ橋-1

八ッ橋-2

・製造者
株式会社 白心堂
京都市下京区御幸町通り仏光寺下ル橘町432番地

・製造所
京都市下京区御幸町通り仏光寺下ル橘町432番地

八ッ橋-3

雰囲気だけでもとお茶を点てる(たてる)と更に美味しそうに見えますね。
最近は、クリーム&つぶあん やクレープのようなタイプも売ってるようで食べてみたいと思いますが、やっぱり定番の生八ッ橋って美味しいですね。京都の白心堂は、大正15年の創業という事で生八ッ橋の伝統を守りつつ新しいスイーツなど進化し続けているのがスゴイですね。

モチット-1

モチット-2

モチット-3

もちっとした、タイ焼きのような生地で中身はチーズとクリームで美味しいおやつになりました。

・販売者
株式会社 日本コムサ
東京都新宿区船町10番地

日本コムサという会社は、コンビニなどにチーズやカスタードを卸している会社ですが、今川焼やキャラクターのコラボ商品などスイーツを得意としてるようで今回、食べたもちっとチーズは、チーズ好きの自分には良い感じのスイーツでした。

nagoyan-1nagoyan-2
nagoyan-3

nagoyan-4

nagoyan-5nagoyan-6

 名古屋の土産「なごやん」という事でネーミングが素晴らしいですね。何も知らなくても名古屋の土産だろうと想像できます。発売から、60年以上と大変、歴史がある土産です。外はカステラ生地、中は黄味あんのしっとりした触感で甘すぎないのが良い所です。パッと見は饅頭ですが、外のカステラ生地も中身も饅頭とは違います。カステラの味を饅頭のような形と触感にしたイメージでしょうか。結構ボリュームがある割に安価なので名古屋の土産にはオススメです。

・製造者
敷島製パン株式会社
愛知県名古屋市東区白壁五丁目3
・製造所
敷島製パン株式会社 刈谷工場
愛知県刈谷市西境町広見24

箱の写真は、包装紙を剥がしてしまった後です。しっかり一つ、一つが小分けになっているのも嬉しいですよね。もし、名古屋を訪れた際にはお土産に是非どうぞ!

↑このページのトップヘ