nagoya-j1

 昨日は、なごや嬢について記事にしましたが、写真の名古屋城は徳川家康が建てた城です。豊臣秀吉の軍勢と軍事面で緊張が高まっている状況で要所となる名古屋に築城を決め1614年に完成したようです。「尾張名古屋は城で持つ」と言われる事がありますが、天守にある金の鯱(シャチホコ)は有名ですね。大昔から名古屋のシンボル的存在だった名古屋城ですが、惜しくも空襲で焼失し昭和34年に再建されています。
 最近では、名古屋城の木造新天守にエレベーターを設けないと発表されたら障害者団体が反対とたくさん報道されていました。本物の城にエレベーターはない。忠実に復元すべきという意見や障がい者が困る等々、当然の事ですが色々な意見があります。何を重要と考えるかによって賛否が分かれると思いますが、昔の城を忠実に復元しつつ、障がい者の人たちが困らずに最上階まで上がれるというのがベストな答えだとは思います。それにしても、なごや嬢で掛けるのは少し失礼な気もしてしまいますが、名古屋の土産でなごや嬢も10年以上も販売されていて割と歴史が長くなってきてるので特に問題はないのでしょう。
 何となく、なごや嬢から、戦国三英傑を思い出して写真を探してたら都合よく名古屋城の写真が見つかったので少し調べながら描いてみましたが、天下統一を目指した3人の戦国武将「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」が生まれた愛知県は、戦国時代にもっとも影響を及ぼした三英傑の生誕の地として有名ですね。