ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

 少し、久しぶりにタカキベーカリーの登場です。
「濃い広島レモンケーキ」は、広島レモンがぎゅっと詰まって美味しかったです。
レモンケーキ01

レモンケーキ02

・製造者
株式会社 タカキベーカリー 千代田工場
広島県山県郡北広島町春木1435

レモンケーキ03

袋から出して、皿に置いてみると下面は平らなので転がる事はないです。

レモンケーキ04

ナイフで二つに切りました。食べると甘酸っぱい味が予想通りです。レモンやグレープフルーツなど、あまり酸っぱい食べ物を好まないのですが、このレモンケーキは、酸っぱいだけじゃなくて甘酸っぱいのが美味しかったです。おやつとして手軽に食べれて良いですね。少し酸っぱいスイーツやパン系が好きな方には最高だと思います。気になる方は、是非、お試し下さい。お勧めです。



















 1990年代に大ブームとなったティラミスは、美味しいので今も根強い人気ですが、手軽に食べれるロピアのプチティラミスを食べたら当然のごとく美味しかったよ。
プチディラミス-1

・製造者
株式会社ロピア
愛知県清須市下津町北下河原1-4

プチディラミス-2

開封すると ココアパウダーが綺麗ですね。
「チルドショートケーキ・パイ」カテゴリー売上No.1のようです。

プチディラミス-3

スプーンで底まで差し込んでバランスよく食べますよ。チーズ味、コーヒー味、パン生地とクリームがバランスの良い柔らかな感触で美味しい。もともとティラミスは好きなのですが、ティラミスは好きなスイーツの一つだと再認識しました。とりあえずティラミス好きの方が手軽に食べるのにお勧めです。気になる方は是非、お試し下さい。


コロナ禍でゴールデンウィークでも人が集まる観光地には行きたくないし、迷いつつ見つけたのが、国の天然記念物に指定されている、愛知県刈谷市の北部にある「小堤西池のカキツバタ群落」です。さすがに人混みにはならないという予想通り良い散歩ができました。ただ、それでも見ごろ間近という事で多くの人が訪れてました。
かきつばた-10
洲原公園の駐車場より歩いていくと小堤西池の案内板があります。
かきつばた-11
偶然ですが、カメがいました。外来種かも知れません。
かきつばた-12
彫られた石碑もあります。
かきつばた-13
かきつばたの説明が書かれてます。
かきつばた-14
かきつばた-01
小堤西池の植物について説明されてる案内がありました。
かきつばた-02
小堤西池の説明も石版に説明されてました。
かきつばた-03
自然環境保全地域という看板も出てました。
かきつばた-05

かきつばた-06

かきつばた-07
かきつばたは愛知県の花で刈谷市の花となっています。刈谷市の最北部にある小堤西池は、京都(大田ノ沢)、鳥取(岩美町)の唐川と並ぶ日本三大カキツバタ自生地の一つで、昭和13年には国の天然記念物に指定されたようです。ちなみに、この刈谷市井ヶ谷町にある小堤西池のかきつばたは、京都や鳥取より、かなり広いエリアの自生地となってるとの事です。
 見ごろは、例年5月の中旬~下旬ですが、2021年5月は少し開花が早いようです。写真は、5月初旬ですが、もし今から行ってみようという方は、あと1週間ほどでピークと思われるので5月の中旬には行った方が良いでしょうね。
かきつばた-08
ちなみに撮影は、携帯電話のカメラなので写真レベルが低いです。
かきつばた-09
もう少しで開きそうなつぼみを見つけて数分見てると丁度良く開く事もあるらしいです。好きな方だと、じ~っと花が開くのを見てたりしますね。
かきつばた-10
なぜか、ひとつだけ色が濃くて紫っぽいのを見つけたので撮影してみました。素敵ですね。

今回、紹介した小堤西池ですが近くにある洲原公園の駐車場から歩いて行く事になります。
(洲原公園第2駐車場から徒歩15分、第4駐車場から徒歩20分)
ナビで調べた案内通りに現地に入っていこうとしたら警備員に止められました。最近は運動不足になってるし、今のご時世なので少し歩いて目的地に行くのも気持ち良い距離でした。
今年の見ごろは、あと10日程度だと思われるので気になる方は、チョイ散歩の気分で行ってみて下さい。きっと、自然に囲まれるのは心地良いなぁと感じられますよ。

↑このページのトップヘ