ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

hosui-1
hosui-2
hosui-3
hosui-4

普段は、食料や日常品、薬など何もかも嫁が買ってくるのが我が家の通例でした。
しかし、コロナ禍で自粛気味になった頃から自分が買い物に行く事が増えたのですが、素直に頼まれた品物だけを買うのみという場合もあれば、自分が欲しい物も追加で買ったりといった感じになっています。しかし、何かと余分に買ってしまう傾向にあるのが旦那さんですよね?
もちろん、お惣菜やお菓子などもチョイチョイ買ってしまいますが、今回は経口補水液を買ってみました。当然のごとく嫁から何で?と小言を言われてしまいました。でも、最近は気温も30度を超える日も増えて7月になれば、きっと35度を超える日もチラホラあるでしょう。熱中症になったら怖いですよね?ドラッグストアで山積みになってるんだから、きっと夏商戦で必要な物、売れ筋の商品という事で買わせて頂きました。
ただ、注意書きをよくよく見たら
「医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲み下さい」
「医師、薬剤師、看護師、栄養管理士の指導に従ってお飲み下さい」
という文言が記載されてました。
これってあんまり手軽に飲まない方が良いって事?という事で

・大塚製薬のホームページで経口補水液OS-1について確認
購入については、特別な規制等はございません。しかしながら、オーエスワンは適切に使用しないと期待する効果が十分に得られないことがあります。
また原疾患の治療が必要な場合も考えられますので、使用に関しては医師の指示・指導を受けることをお勧めします。

ちょっと微妙な感じですよね?
結局の所、スポーツドリンクの方が無難かなぁという気がしました。

・大塚製薬のホームページでポカリスエットについて確認
高齢者は、腎臓機能の低下や、水分を多く含む組織である"筋肉の量"が減ることで、身体の中の水分量が若い人にくらべて少なくなる傾向があります。さらに、のどの渇きも感じにくくなるばかりでなく、体温調節機能の低下や、暑さに対する抵抗力の衰えなどにより、脱水のリスクが高まっています。
近年室内で熱中症を発症するケースも多く、適切な温度管理と水分補給が夏場の健康管理には欠かせません。“のどが渇いたと感じる前”に積極的な水分補給を行う必要があります。
その他、トイレを気にして水分を控えたり、持病の薬の副作用で水分を失いやすくなることもあります。季節を問わず日常生活の中で、こまめに水分を摂取することを習慣化しましょう。脱水による健康リスクに対処するためにもポカリスエットはおすすめの飲料です。

結局の所、明確には分かりませんでしたが、とりあえず経口補水液1本を購入したので夏本番の超暑い時期にちょっと水分補給が重要と思える場面が来たら飲もうと思います。結局、買ったのに飲まないと言われたくないので・・・・。でも、本当に熱中症みたいな状況で必要になるよりは少し安心が出来れば良いだけなのですが。。。。

スマホ1
スマホ2
スマホ3
ある日の朝の出来事です。
スマホの目覚ましが鳴らない?と嫁ちゃんが起きてきませんでした。
スマホはリビングに置き忘れてたんだけどね~。
寝ぼけて寝室にエアコンのリモコンを持って行ったと思われます。
(実は、だまされた大賞かも知れませんが・・・・)
嫁ちゃん「ほんわか」エピソードでした。

柿の話


ある日、嫁が電子レンジで柿を温めたらしい。
なんと、電子レンジの皿は回らずに柿だけ回ってたという。
まさか、、、、そんな訳あるか~い?
さらに、そもそも柿を温める?意味不明と思ってしまった。
でもホット柿ってクックパッドなどにも普通に出てきました。
柿を温めて食べるってのは全然、知りませんでしたが、
ネットでも健康に良い調理法としてたくさん紹介されてるんですね。
ただ、自分への食事としては、縁がなかった・・・・・。
でも、不思議な話題で心は和みました。

リモコン1リモコン2
リモコン3
ある日の朝の出来事です。
嫁ちゃんが、そそくさとリモコンを持って行き
戻ってきたらスマホに変わってました。
慌てて起きると間違えちゃう時もありますよね?
嫁ちゃん「ほんわか」エピソードでした。

ブログ主
B型のつぶやき、ブログ主の似顔絵です。嫁ちゃんが描いてくれました。
このブログを少し見てくれた方にはバレバレですが、主は絵がへたです。
嫁ちゃんが絵を描いてくれたら楽しい絵日記にできる気がするのだが・・・・。

↑このページのトップヘ