ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

お食事

黒胡椒にんにく-1黒胡椒にんにく-2

 黒胡椒にんにくを紹介します。一押しは、とんこつラーメンのスパイスにふり掛けるのが抜群に良いです。ブラックペッパーと胡椒を混ぜたような感じですが、それにニンニクも加わって良い組合せです。何かと鍋料理のスパイスに使うのも重宝します。

・製造者
株式会社 ニホンサンミ
岐阜県羽島市足近町4丁目227の1

製造者を確認すると岐阜県羽島市であまりメジャーじゃないのかも知れませんが、どこかで見掛けたらお試し下さい。結構、イケますよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

タレ-1
タレ-2タレ-3

タレ-4タレ-5

 この焼肉のたれは、ニンニクと玉ねぎの良さが抜群に効いてメッチャうまいと思っちゃいました。ベースのタレも甘くない感じでニンニクが少し強めに効いてるのが超良い感じです。焼肉に限らずドレッシングのように少し野菜にかけても美味しいです。専門店の味というのは、この美味しさの事がと納得しました。

・製造者
株式会社 創味食品
京都市伏見区横大路芝生24-3
・製造所
京都府船井郡京丹波町富田蒲生野88

この創味食品は、汁系を様々にタレ、スープ、ドレッシング、ソースなど作っている会社ですがニンニクなどスパイスの使い方が上手だなぁと感心します。とりあえず、焼肉のたれは超おいしかったので興味がある方は是非お試し下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

とび辛-1とび辛-2

 ご家庭でカレーを食べる際に子供は辛いのを食べれないけど、自分は辛くしたい事ってありますよね?カレーの辛さ違いを調理するのも面倒なので何となく辛さを子供用に合わせて甘くされてる方も多いのではないでしょうか?そんな時にココイチの「とび辛スパイス」が結構、お勧めです。
 我が家では、そもそもココイチで持帰りのカレーを購入する事も多いので、ついでにとび辛スパイスも購入します。家でカレーを作る事も多いですが、いつも同じ味というより、色々な味を楽しみたいタイプなので辛さも思う通りにならない場合があり、まずは辛さ控えめで調理します。実際に食べて辛さが足りない時に辛さを増せるので大変、重宝します。もちろん、ココイチで買ってきたカレーに追加して辛さを増すのも良い感じです。但し、辛さをしっかり増すには後から掛けるより鍋の時点で煮込んだ方が辛さが溶け込んで、しっかり辛さを感じれる気がします。
(写真は、我が家で使用中のとび辛スパイスです)

・販売者
㈱壱番屋YK
愛知県一宮市三ツ井6-12-23

 今では、世界のココイチですが、日本では1,200店舗を超え、海外も含めると1,400店舗を超える出店数です。1978年に日本で1号店をオープンし、ついに約20年の歴史を経てカレーの本場インドにも1号店を出店しています。インドの1号店では、宗教上の理由も考慮してベジタリアン、ノンベジタリアンでメニューも分けられれているようです。
・ノンベジタリアンメニューには牛肉・豚肉ではなく鶏肉・山羊肉との事
(トッピング、ご飯の量、カレーの辛さなどは、日本方式のようです)

 約10年ほど前に一度だけインドに行った事があるのですが、その時にココイチがあれば、是非行きたかったとも思いつつ、インドの場合、ホテルで朝食のビュッフェも色々な味のカレーが準備してありカレー好きには超うれしい国です。そこに日本が誇る壱番屋のカレーが加わり、ジャパニーズカレーライスが有名になってくれると嬉しいです。

以下は、株式会社 壱番屋のインターネットサイトからの情報で世界の店舗数です。
【カレーハウス CoCo 壱番屋国別店舗数】
「国 名」 店舗数 (1 号店オープン年月)
「日 本」 1,261店舗 (1978 年 1 月)
「アメリカ」 8店舗 (1994 年 6 月)
「中 国」 50店舗 (2004 年 9 月)
「台 湾」 24店舗 (2005 年 9 月)
「韓 国」 34店舗 (2008 年 3 月)
「タ イ」 35店舗 (2008 年 8 月)
「香 港」 9店舗 (2010 年 6 月)
「シンガポール」 4店舗 (2011 年 9 月)
「インドネシア」 7店舗 (2013 年 12 月)
「フィリピン」 10店舗 (2015 年 3 月)
「ベトナム」 2店舗 (2018 年 8 月)
「イギリス」 2店舗 (2018 年 12 月)
「インド」 1店舗 (2020 年 8 月)
合 計 1,447店舗 

こうやって店舗数を知るとカレーってアジアに好まれる味なのかなぁって思ったりします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラー油-1

写真の左側は、S&B食品のラー油で内容量31gです。
写真の右側は、かどやのごまラー油で内容量150gです。
我が家は、妙にラー油を多く使用するので大きいラー油がとても重宝しています。この瓶を見るとなんとなくゴマ油と思われる方もいるかも知れません。普通にスーパーで見掛けるこの形の瓶はゴマ油が多いです。あまり売ってる店がなく、いつも業務用食品スーパーアミカで買ってます。

ラー油-2

・製造者かどや製油 株式会社
東京都品川区西五反田8-2-8
・製造所
香川県小豆群土庄町甲6188

ラー油-3

こうやって大皿での麻婆豆腐だと大きめのラー油が重宝するんです。
ただ、普段使いでの使い勝手は小さい瓶の方が良いのでいつも大きい瓶から小さい瓶に継ぎ足して使っています。S&B食品さんスイマセン。でも、小さいサイズをそのまま買う時もありますので・・・。大きくて嬉しいラー油の紹介でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

かんずり-1かんずり-3

かんずり-2

 今回、紹介するのは、「かんずり」です。新潟県では定番だと思いますが、とうがらし、糀(こうじ)、柚子(ゆず)、食塩を原料に作られています。発酵させる必要もあり3年の月日をかけてじっくりと作られる「かんずり」は、知らない方も多いと思いますが、唐辛子のピリ辛が好きな方には、オススメです。

・製造者
有限会社 かんずり
新潟県妙高市西条437-1

 我が家での食べ方で多いのは、ちりめん雑魚でご飯を食べる時に少し入れて味にアクセントを加える感じです。実際には、どんな食べ物でも味が少し足りないと感じた時にピリ辛が美味しいので唐揚げでも焼肉、さらに汁物の隠し味にも重宝します。唐辛子のピリ辛が好きな方なら、意外な美味しさに驚かれるかも知れません。興味のある方は、是非お試しを!

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ