ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

お家

「気を使ってるようで噛み合わない」

お前-1
お前-2
お前-3
お前-4

今から出かけるのは、誰だ?
家にいるのにお前も気を付けろって言われてもねぇ?
傘は出かけるから持って行くんだし・・・。
気を使ってるんだか、使ってないんだか、まあ、お前を気を付けろよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

「何かと噛み合わない」
何でも-1
何でも-2
何でも-3
何でも-4
起きるのが遅くて、おそように始まり、食べるものが何でも良いからとカブトムシはないやろ!
誰がカブトムシを食べるって、俺が?
何でも良いでは伝わらない事もあるので分かりやすく伝えましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「俺とお前が噛み合ってない?」
腹-1
腹-2
腹-3
腹-4
俺が、腹が痛いと言ってるのだから、誰の腹が痛いかって俺に決まってる!
誰が?って俺とお前しかいないのだから、主語がなくても質問の相手はお前!
あえて噛み合わせないのが、逆に噛み合ってるとも言います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「長野県の田舎の村で野生の鹿を見ました」

DSCF1719

近づいていくとかなりの警戒心で目を離さずに見つめてくれました。

DSCF1712

遠めに様子を伺いつつ柵があり行き場に困っていしまってる感じです。

DSCF1746

変電所の柵の外側なので「あぶないから はいっては いけません」というのは守ってくれてたのかな。
鹿が農作物を荒らす事もあるのかも知れませんが、通りがかりの田舎の村で人も見掛けなかったので今もどこかで生きている事でしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0393

DSC_0409

DSC_0441

DSC_0446

DSC_0456

DSC_0472

DSC_0515

DSC_0537

DSC_0544

最後の写真2枚には、鳥が入っています。写真の解像度も低いのでPCやスマホで見てもゴミが付いてる程度になってしまいますが、空を鳥が飛び回っている姿は爽快です。気持ちだけでも大空に翼を広げて飛んで行きたいですね。

ちなみに気象庁のホームページで天気の表現について調べてみました。
天気とその変化に関する用語も時代とともに変化し新しい用語も生まれるという事で固定的にとらえず社会一般の言語感覚と遊離しないようにしてるとの事です。

・天気
気温、湿度、風、雲量、視程、雨、雪、雷などの気象に関係する要素を総合した大気の状態。
・快晴
全雲量が1以下の状態。
・晴れ
全雲量が2以上8以下の状態。
・曇り
全雲量が9以上であって、見かけ上、中・下層の雲が上層の雲より多く、降水現象がない状態。
・薄曇り
全雲量が9以上であって、見かけ上、上層の雲が中・下層の雲より多く、降水現象がない状態。
・薄雲が広がる
上層雲が広がってくる状態。密度の薄い中層雲を含んでいてもよい。

※雲量は、空を覆う雲の割合の事です。全く雲のない 0 から完全に雲に覆われた 10 までの11段階。

この定義に当てはめると・・・・多分、写真は、すべて「晴れ」なんだと思います。
(写真だと9割以上が雲も含みますが、撮影範囲の外まで、すべて雲という訳でもないです)

みなさん、晴れた日は、空を見上げてみると気持ちも爽快になれるかも知れませんよ。
天を仰ぐという言葉もありますが、上を向いて歩こうとも言います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ