ピぴっ-ぃぴっ-タン の お告げ

嫌われる事が多い?B型(血液型)ですが、気楽に好きな事をつぶやきます。

massage-2
massage-1

 マッサージチェアのファミリーイナダ株式会社より発売されているAI技術を搭載したモデル。
「ルピナス ROBO」と『機動戦士ガンダム』シャア・アズナブルがコラボレーション。
●シャア専用 ルピナス ROBOを家電量販店で見掛けました。
モビルスーツのコックピットを彷彿させるデザイン?

 個人的にシャア専用としてのコラボで印象的なのは2013年にトヨタ自動車から発売されたシャー専用オーリスですが、PC、キャリーケース、ヘルメット、スカジャンなど色々ありますね。個人的な見解ですが、ガンダムを見て育った世代がやっぱりシャアに憧れがあって、かつ目立つ赤一色というインパクトから商品化したくなるんだろうと思っています。シャア専用で注目を浴びて売れる?というメリットもあるとは思いますが、開発、販売する人たちの自己満足が大きいように感じます。
 ちなみに大昔の自分の印象では、アムロがイマイチ頼りない印象で、そこに超上から目線でニュータイプの登場を喜ぶような雰囲気が男心に刺激を与えるのかなぁと思います。ガンダムの熱烈なファンという事もなく少年の頃に機動戦士ガンダムだけは見ていて、その後の色々な新しいガンダムシリーズは全く見てないのですが、大昔の記憶でもシャアの存在が強烈な印象で残っている事を考えると特別な存在だった事は間違いないと思っています。
 ところでマッサージチェアってスゴイ高価ですよね?私の場合、今のところは、マッサージチェアのマッサージ自体を必要に感じてませんが、いつか欲しくになるのかも?なんて考えると金銭的には、かなり痛いはず?その見返りに「痛気持ち良い」が待っている?

gold-1
gold-2

写真をなるべく大きくしたので、大きな金に見えるかも知れませんが、わずか5gです。
(写真を大きくしたところで、いわゆる金の延べ棒は、形も異なるし、見るからに厚みもない)
買ったのは、もう15年以上も前なので含み益がある状態のはずですが、何となく売りに行くのも面倒なので何となく保管し続けてます。但し、今年はコロナの影響でボーナス激減の可能性があり減額が特別給付金を超えたら写真の5gは処分しようと思ってます。
今、思えば何を血迷って購入したのか分かりませんが、いざという時?のヘソクリってやつでしょうか。5gと少ないものの写真の物でも一応、インゴットで洗練した金を鋳型で固めた金塊ですね。

また、金というのは、相場の動きが割と緩やか。割と有事に安全資産として相場が上昇する。
みたいなイメージですが、例外に漏れずコロナ禍で相場が上昇してるようです。ただ、劇的に上昇するという訳でもないので何かのついでに売れたら良いのにと思いつつ・・・・。でも我が家にはジュエリー系など、お金になる物がほぼ何もないので、せめて5gの金くらい保有してても良いかなぁと思ったり。。。。もう完全に独り言です。

ちなみに金の純度は、千分率で表記される事が多く999.9は、1000分の999.9以上の純金の証明で純度が99.99%以上となります。また、日本では24分率で金の純度を表す場合も多く、K24がいわゆる24金で99.99%以上の純金です。またK1毎に4.17%ずつ純度が下がりK18が純度75%という事になります。
要するに 24金=K24=純度99.99%以上の金=純金 という事です。
それにしても金っていったい何なんでしょう・・・・。
金の元素記号:Au
英語表記:Gold
もう現在は、イギリス発祥の金本位制ではないですが、今でも金に資産価値がある事は間違いないようで、たくさん保有していれば、いつか困ったときに役立つかもと思いつつ。。。。
やっぱり独り言です。

コロナうつ

緊急事態宣言も随分と前に解除され、そろそろ収束してくれるのかと思いきや東京では感染者数が100人を超えて再流行なのか?と怖くなってきました。ずっと必死で、とにかくコロナに感染しない為に自分がコロナに感染してるつもりで行動。周りがコロナかも知れないと注意して行動と頑張ってきたが、まだ警戒を緩めてはならないのだろうか?絵は、緊急事態宣言の頃に書いた絵ですが、想像以上にキモイ。コロナを気にしつつ皆がマスクしてますが、話す時にマスクを下げたり外したりと悪い癖の人が残念でなりません。また、自粛生活に逆戻りしたら、何とかコロナ鬱にならずに済んだと思っていたのに、何となくこの絵を思い出してしまうという事が、自分自身、再度コロナに恐怖を感じているという証拠。周りの人たちがCOVID-19なのだろうか?まさか放出してないか?滅多にないはずの心配性が出てきてしまう。でも、目に見えないVIRUSとの闘いだけに難しいと言われるが、もし、絵のようにVIRUSが見えたら、もっと恐ろしいかも知れない。気持ち悪い絵で御免なさい。

↑このページのトップヘ